CB−Fよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS CB1100R スピードメーターOH〜最終

<<   作成日時 : 2012/09/30 07:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回のお題はこちらです。

画像


再度の修行に旅立っていった我がCB1100Rのスピードメーターですが、今度は素早く帰ってきました。

早速行った出来栄え確認では文字盤の位置が多少ズレているような・・・試しに裏側の2本のビスを緩めてやると内部の臓物全体がフリーになるようで、微調整してやると修行前の位置に収まりました。>急いでいたので写真を撮り忘れました。(^^;

で、少し早めに帰宅して装着。>本当は深夜にこんな事やりたくないのだけど・・・
昨日は確認を兼ねて丹沢方面まで走って来ましたが気になっていた針の振れも全く無くなりました。また、先にOHしたリアショックも見違えるように良くなり、オーリンズと較べても遜色無いレベルです。これで心機一転。気持ち良く走れます。

で、今回勉強になったのは速度警告灯のスイッチ。今ではその存在すら忘れ去られている(無用の)装備ですが、30年前の逆輸入車には(登録時に)装着が求められていました。

当然メーターの改造が必要で、その改造された証がこちら

画像


写真中央の金色のピンがそれです。詳しいメカニズムは不明ですが、このピンはちょうど80Km/hの位置に立っていて、これ以上の速度域になると内部のスイッチがONする用になっているそうです。>それが抵抗になり、速度が若干低めに表示されるネガも有るらしい。

今回は一度取り去られたこのスイッチをわざわざ再度付け直して貰いました。
何故?・・・それは30年近く国内で生息していた大きな証だから。速度が甘くなるリスクは多少有ったとしても少しだけ拘ってみました。(^^;

ところでこの速度警告灯ですが、総ての車両にこの改造をしていたかというとそうでも無く、CB1100Fには付いていません。多分CB750Fのメーターに付け替えて逃げていたのでしょう。また一部車両は余っているランプに「速度警告灯」のステッカーを貼るだけでパスさせる。という話も当時聞きました。

まぁ、今となっては・・・の古いネタですね。

これで懸案だったリアショックとメーターが解決しました。
最後の課題はもう少し出動回数を増やす事でしょうか。(自爆)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マニアックなお話ですね。勉強になりました。
K4
2012/10/01 23:58
確かにマニアック(と言うよりオタク?)な話ですね。
自分でも中は750と同じと思っていたのでビックリです。
最新のデジタル式では無用な話ですが、それだけに尚更拘ってみました。(^^;;
Tama
2012/10/02 08:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
CB1100R スピードメーターOH〜最終 CB−Fよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる